sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

あの漫画家は今「いわさきまさかず」

2017/08/08(火) 23:42:09

かつて存在した漫画雑誌「電撃コミックガオ」当時連載していた漫画家達は今現在何をしているのか。

今回は「いわさきまさかず」先生。

当時ガオにて「ポポ缶」でデビューを飾り、その後「ケメコデラックス!」を連載、ケメデラはアニメ化もされました。

第一印象としては、吉崎観音先生に似た絵柄だなーと思っていましたが、まもウィリアムズ先生の方が似てるかも。

ガオでデビューしたというだけで感慨深いものがありますが、二作目でアニメ化を経験というのもなかなか凄い。

当時のガオはもう完全に失速していましたし、電撃系で競合作品があまりなかったのがポイントでしょうか。

ケメデラ連載中にガオが休刊になったため、電撃大王に移籍し連載を継続、無事完結することができました。

その後は電撃大王ジェネシスにてご当地勇者マンガ「あしたの今日子さん」を連載(のちに電撃大王WEBコミックへ)

そのほか、コミック電撃だいおうじにて「宮本さん本気でヤメてくださいっ」を連載しています。

宮本さんの方は全2巻で完結していますが、今日子さんの方は既刊6巻で現在も連載中です。

2017/8/8現在は目立ったお仕事としてあしたの今日子さんの連載のみですが、連載があるだけで十分です。

人気もあるようなのでアニメ化もするかもと思っていましたが、そういう話はないようですね。

情報としては公式HPがあるのですが、現在まったく更新されていないので、やはり役に立つのがツイッター。

内容はお仕事のお知らせがほとんどですが、それ故に現状はよくわかります。たまに絵も描かれてたり。


デビューが2001年ですから、ガオでデビューしてもう15年以上漫画家業が続いているのはデビュー時より

見守っている身としてはうれしいですね。ちなみにガオを購読していた人しかわからないと思うのですが、

ガオの読み切り企画シリーズにて「オンセンマスター」「初恋♥バスターズ」という2作の読み切りを描かれています。

単行本未収録作品のはずですが、今後も書籍化はしなさそう。自分の手元にはバックナンバーがあるんですけど、

多分当時ガオ読んでた人なんてほとんどいませんから、知ってる人少なそうなんですよね。

いわさきまさかず先生のツイッター
オフィシャルサイト「まーべらす」
 
あの漫画家は今CM:0

あの漫画家は今「コゲどんぼ」

2017/07/19(水) 23:55:49

かつて存在した漫画雑誌「電撃コミックガオ」当時連載していた漫画家達は今現在何をしているのか。

今回は「コゲどんぼ」先生。デ・ジ・キャラットの生みの親としてご存じの方も多いハズ。

当時ガオではハートフルコメディの皮をかぶった鬱漫画「ぴたテン」を連載。

ぴたテン連載前はイラストや四コマなど描いていたはずですが、ストーリー漫画は初連載だったはずです。

自分がガオを購読するきっかけとなったのがぴたテンのアニメであり、この作品にはアニメ、漫画好きとしての

自分を形成する大きな要因を育んでくれました。生まれて初めて読んだ萌え漫画、アニメだった気がします。

アニメ化は結構遅かったので、自分がガオを買うようになって一年半くらいでぴたテンは完結してしまいましたが。

ぴたテン終了後もガオでは読み切りや短編を掲載、ガオ休刊後はなかよし誌にて「かみちゃまかりん」を連載、

かみちゃまかりんもアニメ化されており、連載は続編も描かれたので結構な巻数になってます。

その後も他誌で「こんこんここん」や「亡き少女の為のパヴァーヌ」などを連載。ちなみにパヴァーヌの連載時に

ペンネームを「こげどんぼ」とひらがな表記に変更。そのほか別名義に「小春(こはるの)こころ」というものもあったり。

その後、ウェブコミック誌「EDEN」にてコミックエッセイ「ヨメさんは萌え漫画家」の連載を開始し単行本を多数刊行。

2017/7/19現在はお仕事はそこそこに育児に集中されており、たまに絵のお仕事はあるものの仕事量としてはあまり・・・

情報としては公式HPのブログ更新がそこそこありますが、メインとしてはやはりツイッター。仕事用と育児用の二つが

ありますが、仕事用は去年から更新されていないので、もっぱら情報は育児用のツイッターがメインになります。


育児用ツイッターの更新頻度は高いので、生存報告としてはまったく問題ないのですが、作品、お仕事を確認するのは

少し難しいかもしれません。というか、オリジナル作品の連載に関しては残念ながら期待できないと思われます。

自分を萌えの道に引きずり込んだ罪深きお方であり、でじこを生み出した偉大な方なので、期待も応援もしているのですが。

あ、ちなみに2015年から京都精華大学マンガ学部の非常勤講師に就任されているそうです。月3回で今も継続中とか。

こげどんぼ先生のツイッター(育児用)
公式HP「KOGE2 House」
あの漫画家は今CM:0

あの漫画家は今「大井昌和」

2017/07/12(水) 23:12:30

 
かつて存在した漫画雑誌「電撃コミックガオ」当時連載していた漫画家達は今現在何をしているのか。

今回は「大井昌和(おおいまさかず)」先生。

当時ガオでは年齢差14歳のピュアラブ・ストーリーコメディ、「ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!」を連載。

この作品が先生初の連載ストーリー漫画だったはず。ガオで描いたのはこの一作だけで、休刊後は主に

まんがタイム系の雑誌に活動の場を移し、「ちいちゃんのおしながき」を始めとして多くの連載を持つことに。

漫画家業が停滞した時期は無かったと言えるくらい、常に数点の作品を各誌に連載していて、今でも現役バリバリです。

2017/7/12現在は「ちいちゃんのおしながき」「おくさん」「明日葉さんちのムコ暮らし」などを連載中。

特に「ちいちゃんのおしながき」はまんがタイム、まんがライフ誌で特集もしょっちゅう組まれる人気作品。

4コマ版は既刊13巻、漫画版「繁盛記」は既刊8巻であり、まったく終わる気配も無しの安定期に入ってます。

情報としては公式ブログやツイッターをされていて、更新頻度も多いため、まったく心配する必要は無いようです。

ニコニコ動画では会員限定ではありますが、動画配信による顔出しまで行っているアクティブさです。


「ちいちゃんのおしながき」の安定した面白さと飯テロ具合、「おくさん」「明日葉さんちのムコ暮らし」の可愛らしさと

人妻属性が芽生えそうな妙なエロスも魅力的ですが、自分はやはり「ひまわり幼稚園物語あいこでしょ」が印象的。

まぁ当時連載を追っていたことが原因でしょうが、ロリコンと言われようともすいめーとアイコちゃんの恋は応援したい。

大井昌和先生についてはガオこそ腰掛けの通過点だったみたいですので、これからも頑張って頂きたいです。

大井昌和先生のツイッター
公式ブログ「大井昌和の報告」
ニコニコ配信「コミックガタリー 大井昌和’sスタジオひまわりch」
 
あの漫画家は今CM:0

あの漫画家は今「迎夏生」

2017/07/07(金) 00:43:34

 
かつて存在した漫画雑誌「電撃コミックガオ」当時連載していた漫画家達は今現在何をしているのか。

今回は「迎夏生(むかいなつみ)」先生。

皆さんタイトルは聞いたこともあるかもしれない当時から続く人気ライトノベル「フォーチュン・クエスト」に関して

表紙を含めた各イラストや、漫画化の際の作画を担当されています。ちなみにシリーズはまだ完結してません。

ガオではそのほか「ワンダル・ワンダリング!」「いただきっ春平!!」「+ANIMA(プラスアニマ)」と多数連載あり。

「+ANIMA」は動物の力を宿した少年少女たちの冒険物語で、自分はこの作品が最もお気に入りです。

「+ANIMA」の連載が終了して間もなくガオが休刊。その後は月刊コミックラッシュ誌で「Nui!」を連載。

あ、ガオ休刊の前に複数の短編が掲載されていて、それらは作品集「極東平原」というタイトルで書籍化してます。

その後はすっかりさっぱり音沙汰がなく、もう漫画描いてないのかなぁと思ってましたが、それは自分が知らなかっただけ。

ポプラ社から発行されている「コミック版世界の伝記シリーズ」にて作画を担当されていて、多数発行されています。

2017年5月に新刊「エカチェリーナ2世」が発売されました。まぁできればオリジナル作品を読みたいものですけど。

「フォーチュン・クエスト」、「世界の伝記」のほか、コミケでの同人誌販売など、現在も漫画活動は続けられています。

情報としては個人サイトは閉鎖しましたが、ブログだけは続けられていて、お仕事情報などは書かれているので、

活動情報自体はちゃんと確認することができます。情報はブログのみで、ツイッターなどはされていないようです。


ファンタジー、特に動物の感じを表現するのがとても上手な作風で、「+ANIMA」はその頂点だと思っています。

お仕事を続けられているだけで嬉しいですが、いつかオリジナル作品をまた描いていただきたいですね。待ってます。

迎夏生先生のブログ「む~む~通信」
 
あの漫画家は今CM:0

あの漫画家は今「吉富昭仁」

2017/07/05(水) 00:37:51

かつて存在した漫画雑誌「電撃コミックガオ」当時連載していた漫画家達は今現在何をしているのか。

今回は「吉富昭仁」先生。

当時ガオでSF冒険活劇、になるのか「EAT-MAN」を連載。アニメ化も二回されています。

初連載は「ローンナイト」ですが、「EAT-MAN」は初の長期作品であり人気作品、代表作とされています。

「EAT-MAN」の連載が終了して間もなくガオが休刊しており、その後はチャンピオンRED誌やその他

様々な雑誌で多ジャンルに渡って漫画を描いているようで、そこそこ最前線で活躍し続けられている様です。

2017/7/4現在は月刊少年シリウス誌にてEAT-MANの続編「EAT-MAN THE MAIN DISH」を連載中(既刊3巻)

その他チャンピオンRED誌で「スクール人魚」を連載中(既刊3巻)、しかしEAT-MANもスクール人魚も現在は

確か休載中のはず。しかしご安心を、2017/6/9発売のヤングコミック誌にて新連載「リリィシステム」が始まりました。

良かったね、先生の作品が読めるよ! まぁ自分に言わせればさっさとEAT-MANの続き描けよって話ですが。

情報としては個人サイトが一応ありますが、ほとんど更新されないラクガキ日誌ブログがあるだけなので、結局は

先生自身のツイッターによって近況を探ることになると思います。
まぁツイッターもなかった昔は近況なんてまったく

わかんなかったわけですから、活動している人については格段に探しやすくなったのはいいことだと思います。

EAT-MANが確か20年くらい前の作品ですから、吉富先生も20年以上最前線で活動されてるのは嬉しいですね。

ツイッターを見るにちゃんと執筆活動はされているようなので、新作を楽しみつつ、休載中の作品も復帰されることを

期待しようじゃありませんか。個人的にはとにかくEAT-MANが読みたい。またアニメ化しないかなぁ・・・・

吉富昭仁先生のツイッター
個人ページ「RAKUGAKI-3X」
あの漫画家は今CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.