FC2ブログ

sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

昨日の続き

2013/10/21(月) 23:53:14


昨日の続き。

マッハもどき二作の紹介です。
 

この記事の続きを読む…
映画CM:0

速すぎて何がなんだか

2013/10/21(月) 01:59:04


連休を利用して映画を観ました。アクションばっかだったのでめっちゃ目を酷使した感じがします。

以下、今後見るかもしれない人たちのためにちょっと書きます。


今回鑑賞したのは全てタイのアクション映画「マッハ」「マッハ弐」「マッハ参」のマッハ三部作及び、

「マッハ・ニュージェネレーション」「七人のマッハ」の派生作品二つです。

まぁ下の二つはタイ制作ということと邦題のせいで勘違いされますが、つながりはありません。

以下内容(というよりアクションの感想)です。
 

この記事の続きを読む…
映画CM:0

JAWSはシリーズものだった

2012/12/25(火) 23:53:34


最近は映画の話しかしてない感じがしますが、気にしない。

サメの恐怖でおなじみの映画「ジョーズ」ですが、シリーズものだったとは知りませんでした。

監督は変わってますが、一応1、2、3、4と四作あり、話は続いています。

話の流れは全作あまり違いはなく、楽しいリゾート地に人喰いザメが出没し、

そかしこでパニックになりながらも、主人公たちが奮戦してサメを倒すといった形です。

四作品とも、なぜか最後はサメが木っ端微塵に爆散するのはお約束みたいですね。


面白さとしては、

1>>越えられない壁>>4>>>>>2>>>>>3 だと自分は感じました。

世の中にはこのブームに乗っかって、多くのサメを取り扱ったパニック映画があるようですので、

今度はサメ系の映画を片っ端から観て評価してみようと思います。

年末年始の過ごし方が決まったね!
 
映画CM:0

アルマゲドン2012

2012/12/19(水) 22:40:13


原題は「QUANTUM APOCALYPSE」

アルマゲドン2012は2作品存在しており、自分が今回紹介する、

「アルマゲドン2012」ともうひとつ「アルマゲドン2012:マーキュリークライシス」があります。

このアルマゲドン2012の最大の特徴は

・隕石が落ちてこない

・これまでのアルマゲドンよりも格段に面白い

このふたつでしょうか。

隕石も出てきますが、隕石そのもの地球を脅かすわけではありません。

そしてストーリーはかなり良くできており、はっきり言って面白いです。

なのでストーリーの説明は今回はあえてしません。他作品はともかくこれは見てもOKです。

作中、「時間」という概念について解説が入りますが、これがかなり重要でした。


とりあえず、勝手にアルマゲドンシリーズの紹介はこれでおしまいです。

さて、次の映画は何を観ましょうかね。
 
映画CM:0

アルマゲドン2011

2012/12/17(月) 23:32:09


原題は「Meteor Storm」

勝手にアルマゲドンシリーズの5作目

2010は地元に置いてなくて借りれなかったので、飛ばして2011です。

今回はちょっと変化球、巨大隕石ではなく、その小さなカケラが無数に降り注ぐお話です。

カケラということで、爆発的な威力ではありませんが、そこかしこに何度も降ってくるので

みんなで逃げ惑うという珍しいシチュエーションでした。毎回毎回、大都市にばかり

隕石が落ちる理由も、無理やりですが説明してあり、努力がうかがえます。

ま、ストーリーは糞そのものなんですけどね、基本的に主人公の周り、局レポーターや

息子、娘が自分勝手な行動でピンチになり、主人公が奔走するばっかりで終始します。

対抗策はお馴染みの核で爆破で、面白みも盛り上がりも特にありません。


頑張ってはいるものの、イマイチという以上の評価はつけられませんね。
 
大体、カケラといっても、こぶし大の隕石が命中したら大怪我どころか木っ端微塵だと

思うんですが、原型をとどめている人間たちは鋼の肉体でもしているのか?

 
映画CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.