FC2ブログ

sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

実力は中の上くらい?

2006/04/05(水) 21:41:16

人に偉そうに指南できるほどの実力があるかどうかは疑問ですね。アクセルならばそこそこ出来るし、人に教えるだけの知識もある程度はあるのですが・・・・
今日はギルティギアです。久々?の分かる人しか分からないネタですよ~

で、今日はこのキャラでいってみたいと思います。(転載しちゃダメアル)
ジャム

(C) Sammy / ARC SYSTEM WORKS Co., Ltd.

戦う料理人「蔵土縁紗夢」ですね。防御力は低い方ですが、素早い動きと怒涛の攻撃ラッシュで敵を一方的に殴りまくるキャラです。特殊な防御技「ホチフ」で防御から一気に反撃に転じることも出来るので強い人は圧倒的な速さで試合を終わらせます。

豊富なガトリングや低空ダッシュを活用して常に相手を攻撃し続けましょう。守りに入っても確定ポイントでホチフをすればガンガン切り返しが効きます。ま、詳しい立ち回りは他のサイト様を参考にしてください。

例によって基本コンボをいくつか
投げ(FRC)→近S(J仕込み)→遠S(HJC)→JS→JP→JS(JC)→JS→JHS→龍刃→剣楼閣→逆鱗

千里沁鐘→遠S(距離によって近Sも)(JC)→JD→龍刃~~

(画面端から)逆鱗→K→遠S(JC)→JD→龍刃~~

ジャムの場合はいかにして空中まで持っていくか(いかにして拾うか)が重要ですね。また、足払いを朝凪の呼吸でキャンセルすれば強化は確定で間に合いますので、けん制の立ちKから2S→2D→朝凪の呼吸などで強化するのも忘れてはいけません。

ジャムの立ち回りは説明するのも面倒なんで控えさせていただきます。聞きたいという奇特な方がいらっしゃれば書きますけどね。バーキャンとか説明は出来ても使えない管理人でした。
うぅむ、こんな舌足らずだと実力が伺えますね。アクセル攻略に絞ろうかなぁ・・・・
格ゲー記録TB:0CM:2

だ、大事件だ!

2006/04/04(火) 18:52:11

以前話したように、自分の大好きなマンガ「DARKEDGE」の最終巻の発売に伴い、特定の書店で購入すると小冊子が付いてきたのですが、自分の地域には無いので貰えませんでした。
で、自分は相川先生にメールを送ったんです。あ、いや、連載お疲れ様ですの純粋なファンレターの中に小冊子欲しかったので残念ですって書いただけですよ。そしてふとメールを確認してみると・・・

相川先生から返事が来てる!

なんてこったい!まさかこんな一ファンごときに返事をくれるとは!
しかも小冊子を送ってくれるというではありませんか。モチロン速攻で返事を書きました。小冊子が届くのが待ち遠しいです。あわよくばサインとか書いててくれれば・・・・さすがに無いなぁ・・・



んで、自分はこの度とある場所で「腐女子撲滅委員会」の会員となったわけですが、その活動として何か書いてみようと思います。あ、ろくな文章じゃないと思うので読まなくても結構ですよ。

この記事の続きを読む…
マンガTB:0CM:7

だがしかし!

2006/04/03(月) 18:37:06

今までの自分の傾向から今日の内容は仕事の感想だと思ったアナタ!いちいち感想とか愚痴とか頑張りますとか書いてもしょうがないですよ!(いや、書いてもいいんですけどね)それ以上に書くネタもちゃんとありますので、今日はそっち書きます。

sprinkleさんのとこから「通信簿診断」なるものを頂きましたのでやってみようと思います。

平成18年度通信簿
名前:BOLTさん
----------------------------------
国語4★★★★
本を心情豊かに味わう事ができる

・かなり正解です。国語は普通に得意で本もよく読んでました。5でもいいと思うんですけどね。

----------------------------------
社会5★★★★★
日経新聞を購読している

・コレも正解ですかね。日経新聞は購読していませんが、政治や経済、メディアに関しては色々と知識があるほうだと思っています。(小林よしのりの本を読んだくらいにw)
高校の社会の先生がいい先生だったので社会は好きでした。

----------------------------------
算数4★★★★
学習内容を日常生活で活用できる

・それほどでもないかなぁ。数学はメッチャ苦手でしたよ。機械科は普通科ほどの範囲を習わないのでそもそも理解できない公式とかありますしw

----------------------------------
理科3★★★
観察実験を工夫して行う事ができる

・そんなレベルじゃありませんよ。自分は生粋の理科少年ですから。それこそ5をもらっても良いくらいです。

----------------------------------
音楽2★★
発声が正しくない

・いや、確かに歌とかヘタですけどね。音楽自体はマジメに取り組んでたし、もうちょっともらえてもいいと思うんですけど・・・・駄目ですか?

----------------------------------
図工3★★★
色や形を正しく表現できる

・う~ん、まぁ自分は絵とか下手だし妥当な線だろうか。

----------------------------------
体育1★
体育に対する関心がない

・ちょw人を青ビョウタンみたいに言うなwいくらなんでももうちょっと、せめて3はあるでしょう。高校は文化部でしたがこれでも運動できるんですよ。なんだか水泳も速いほうらしいですしね。

----------------------------------
≪学級活動≫
掲示係

・そんなのなったことないですよw

----------------------------------
≪表彰≫
特記事項なし

・え~これでも結構表彰とかされてるのに~
自分含むグループならロボコンとか生徒研究発表とか優勝してるんですよ~

----------------------------------
≪生活記録≫
節分の日に、豆を鼻に入れたり空中に放り投げて食べたりして困りました。[+4]
割と力があるほうでしたので、給食当番の時には進んで重い牛乳を運んでいました。[+4]
読書感想文ではあらすじだけを書きまくる児童が多い中、非常にうまく自分の考えを書くことが出来るようになりました。[+4]

節分・鼻には入れてませんが放って食べたりはしてました。

力持ち・う~ん、力持ちなわけではありませんが牛乳を率先して運んでたのは事実ですね。今思うとなぜなんだろうw

読書感想文・ここは随分と的を得ていますね。実はこういうのは得意なほうで、作文が児童文集に載ったこともありました。

----------------------------------
計34点
33位/40人中

あってたりあってなかったり、まぁ五分五分の結果になりましたが、そこそこ楽しめました。コレを読んだ人ももしよかったらやってみませんか?
日々記TB:0CM:2

黄金の旋風

2006/04/02(日) 10:58:06

さて、今日という日は一部の人たちにとっては一つの区切りとなるでしょう。かく言う自分も

明日4月3日に会社の入社式があります。

残り少ない自由を満喫しようと思っていましたが、いつの間にやらもう休みも終わりです。明日から自分は作業服に身を包み車を運転して出勤しなければなりません。自分で選んだ道ですが、緊張の隣にあるのはまだ遊びたいっていう馬鹿な気持ちです。

以前の記事に書きましたね。自分の道は自分で決めろって偉そうなこと。

夢を追いかけるのは大事ってこと。

なのに自分はもはや夢を見ていたかどうかも曖昧なまま仕事に行きます。

そういうことを考えるとちょっと泣きそうになります。

たった18年とちょっとしか生きてない自分だけど、もうちょっと素直に生きてもバチは当たらなかったと思うんですけどね。

それでも社会人一年生として新天地が開けると思えば気楽なものです。自分は昨日とある本を読んでいました。その本を読んで、深呼吸して考えると、こうやって仕事したくないなんて思う気持ちも、うまくやっていけるだろうかという緊張も、長い人生の中ではほんの小さな出来事に過ぎないと感じました。

難しいこと考えたって駄目です。簡単にいきましょう。とにかく自分は明日から新社会人として職場で働くということです。全国の自分と同じ境遇の方々に一言。

みんな!オラにちょっとだけ勇気を分けてくれ!

分ける余裕なんてない人がほとんどなんでしょうけどねw
真面目な話TB:0CM:6

堂々完結!

2006/04/01(土) 11:58:35

あぁ・・・恐れていたことがついに・・・・

自分はとある本が大好きだったのです。その本は3月27日に最終巻である15巻が発売されてしまったのです。その本とは

(電撃コミックス) 相川有 著:「DARKEDGE」です

自分の好きなマンガベスト3にも入っているマンガですね。ジャンルは「学園バイオレンスホラー」とでも言いましょうか。とにかく人が死にまくります。ま、そんな簡単な話じゃないんですけど。

主人公「高城九郎」は母の葬式の日に今まで行方不明だった父から突然別の高校への転入を告げられる。彼が転入した学校「四辻学園」はいたって普通の学校なのだが、一つだけ奇妙な校則が存在した。それは「日没後の学校に居残ってはいけない」というものだった。

日没後の学校にひょんなことから居残ってしまった主人公を含む生徒たちが、色々と数奇な運命に巻き込まれていくというお話です。居残るとどうなるのかは単行本でお読みください。

月刊とはいえ7年8ヶ月に及ぶ長期連載でした。自分はちょうど三年前にこの「DARKEDGE」に出会い、その作りこまれた世界観や設定、読み手を魅了する展開に惹かれ、すぐにファンとなりました。
誌上での連載も終わり、単行本最終巻が出たことでついにダークエッジの全てが終わったことになりました。

寂しい限りですがマンガはいつか終わるもの。相川先生の次回作に期待しています。

最終巻を特定の書店で購入すると作者書下ろしの小冊子がついてくるらしいのですが、自分の周りにはそのような書店が無いのでもらえそうもありません。市内のアニメイトまではさすがに行きたくないですしね。
マンガTB:0CM:2
<< 前のページホーム全記事一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.