FC2ブログ

sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

今日はずっと腹痛い

2011/09/25(日) 23:56:48


ダークソウル面白そうなんですけど、

今はやるゲームがたくさんあって追いつかないっす。

今は奏楽都市大阪ってのやってます。
 
ゲームCM:0

QUBERED

2011/09/13(火) 23:05:38


キューブレッド、原題は「フェルマーの部屋」

CUBEじゃなくてQUBEなのがミソですね、パチもんキューブの一作です。


謎の人物からの招待により一つの部屋に集められた数学者たち。

そこに謎の人物からの問題が出される。問題の制限時間が過ぎると同時に、

壁が四方から迫ってくるではないか。彼らは問題を解き、脱出することができるのか?


なかなか悪くない映画でしたが、シチュエーションの割には、あまり視聴者に

緊張感が伝わらないなと感じました。優秀な数学者が集められた割には、

出題される問題は、平成教育委員会とかで見るような、ちょっとした頭脳パズル程度で、

どうにも設定を生かしきれていません。終わり方にも特に意外性はなく、

ヤマなしオチなしイミなし、とまでは言いませんが、それに近いものがあります。

いまいち盛り上がりに欠けますね。つまらんところもおもしろいところも、無い。


ですが今までのパチもんキューブシリーズの中では一番良くできていると思いますので、

オススメはしませんが、興味のある方は観てみてもいいと思いますよ。

 
映画CM:0

CUBENEXT

2011/09/12(月) 23:35:23

 
キューブネクスト、原題は「Intellectual Property」

これもキューブの名を借りたパチもんシリーズの一作。


天才発明家の主人公だったが、自分のアイディアを盗まれ、母親を病気で亡くし、

人生のどん底に。彼は残りの全てを賭けて、歴史を変えるほどの発明と言われる

「CUBE」の発明に尽くすようになるのだが・・・


まず、この映画はホラーではなかったです。ただのサスペンス映画で、

劇中ではひたすら共産主義を否定するラジオが流れていて、

アイデア、財産は自分のものだ。他人に奪われないようにしよう。

と流れる話はこの作品のテーマにもなっています。

主人公はキューブを開発する過程で疑心暗鬼になり、不幸も重なって

様々な悲劇が主人公を襲います。

話自体はよくまとまっており、べつにキューブというタイトルでなくとも、

十分通用すると思います。まぁキューブのタイトルは邦題ですからねぇ。

でもよくできていますが、これといった見どころがなく、

せいぜい片手間に観るならいい。といった程度にしか評価できません。

それでもキューブIQ二作よりは格段にいい作品だと思います。

あくまで、その2つと比べたら、ですけどね。
 
映画CM:0

CUBEIQHAZARD

2011/09/11(日) 21:47:14

 
キューブアイキューハザード、原題は「ザ・オメガ・ダイアリー」らしいです。

彩プロが出したパチもんキューブのもう一作。キューブシリーズとは関係ないのはもちろん、

これ以前に出しているCUBEIQともなんの関係もありません。

しかし内容は同じくひどいの一言。だから二時間を返せよこの野郎・・・・


内容は、アメリカとロシアの間で核戦争が勃発、シェルターに逃げ込んだ男女6人。

なんとか協力して生き延びようとする彼らだったが、

閉鎖空間で過ごしているうちに次第に精神を蝕まれて行く・・・彼らの運命は?


この映画も突っ込みどころはたくさんありますが、まず・・・

立方体が出てこねえ!

シェルターは全然四角ではないし、キューブがどこに掛かっているのかまったくの謎です。

なぜキューブのタイトルをつけた、ああそうですか間違わせて売るためですか。

しかしその程度はカワイイもの、この映画の真にダメな部分は、

画質が粗い!

冗談抜きでホームビデオ並の画質です。とても映画として公開されたとは思えません。

極めつけは全体的にまったく面白みがないこと。

一応最後に、ネタばらし的な要素はあるものの、それまでの話がつまらなすぎるので、

だからなんだよと言いたくなるだけという・・・


こいつはダメです。見なくていいです。暇つぶしに見てみようという人がいたら、

くれぐれも期待しないように、後悔の準備をしておけと言いたいですね。
 
映画CM:0

CUBEIQ

2011/09/11(日) 14:33:12

 
キューブアイキュー、原題は「ザ・ゲームルーム」とかいうらしいです。

名前を変えて勘違いを狙ったパチもんキューブの一作。

これはもうホントにつまらなかった。二時間を返せと言いたい。


いじめられっ子で先生にも馬鹿にされる主人公が、

莫大な親の遺産で特別な密室空間をこしらえて、いじめっ子どもを

閉じ込めて復讐するというお話。

主人公もいじめっ子たちもどうしようもない勘違いダメ人間共で・・・

展開もだら~っとしてて正直みどころなんてまったく無し・・・

密室に閉じ込めるだけで、別に残酷な殺し方をしたりするわけでもないし・・・

最後の展開も完全に視聴者は置いてけぼり。学生映画にも劣るね。マジで。

・・・とか思ってたら、やはり他にもダメ出ししてる人たちがいっぱいいましたよ。

邦題を好き勝手に変えられるのは危険だと改めて感じましたね。


こいつがこんなにつまらんとなれば、次回作であるCUBEIQHAZARDも

期待できまい・・・見たくないなぁ・・・めんどうだなぁ・・・

と思ったら別につながって無いらしい。さらに借り手をだますつもりか。許せねぇ。
  
映画CM:0

CUBEZERO

2011/09/09(金) 23:56:36


キューブゼロ。シリーズ三作目で完結編。でもやはり監督は違います。

時代としては初代キューブよりも前の話。

今回は謎の殺人立方体の外側、それを管理運営する側にも話が及びます。

と言っても、たいしたことない立場の人が少しでてくるだけで、

キューブがなんのために存在しているのかといった根本的な謎には触れられません。

結局、これらの映画シリーズは「キューブという謎の殺人空間に閉じ込められた」

ことが全てであり、「なんで?」という考えは捨てるべきなんだと思います。

それでもZEROは、秘密がいくらか明かされるので、2よりは面白かったです。
 
1と同じくらい多種多様なグロがあるので、やはり苦手な人は注意です。
映画CM:0

CUBE2

2011/09/07(水) 23:49:25

 
キューブ2。正当なシリーズの続編です。でも監督は違います。

前作よりもたぶん未来のお話。より四次元的に進化したCUBEが登場です。

今回は脱出の謎なんて全く説明されず、ただひたすらに進化してわけのわからなくなった

キューブに皆が殺されていくのを見るだけの作品でした。最後も相変わらず

謎だけを増やして終わります。まったく解明されていません。

正直いって微妙です。気にならないなら見なくてもいいでしょう。

相変わらずグロいので、苦手な人は注意ですよ。
 
映画CM:0

CUBE(初代)

2011/09/06(火) 23:49:22

借りたキューブ見てます。パチもんも合わせて見てます。疲れますね。

とりあえずCUBE(キューブ)シリーズに共通する適当な説明から。


・立方体の部屋で記憶を失った男女が目覚めるとこから始まる。

・立方体の部屋はそれぞれの面が他の部屋とつながっている。

・部屋には罠が仕掛けられていて、不用意に移動すると死ぬ。

・脱出の為のヒントは与えられている。頑張って謎を解いて脱出だ。


大体こんな感じ。作品順は1→2→ZEROですが、作中の時代設定はZERO→1→2です。

まずは初代。初代はシリーズ中最も良くできたサスペンスホラーでした。

視聴者でも頭のいい人はリアルタイムでしくみを溶けるんじゃないでしょうか。

それだけ謎もよくできています。脱出まではよくできていますが、

いざ脱出だ!から先、肝心の最後が投げっぱなしなのが気になりますが。

他のシリーズはともかく、初回作のCUBEはかなりオススメの一作です。

でも罠にかかって死ぬシーンはかなりグロいので、そういうのが苦手な人は注意です。
 
映画CM:0

どれが本物だ

2011/09/05(月) 00:45:00


9月になりました。子供たちの夏休みも終わってしまいましたね。

まぁ大学生はまだ休みですし、そんなの関係ない人も大勢いますけど。

さておき週末しか時間のない自分にも、なにかに使える時間はないものかと考えまして。

以前から気になっていた映画をいっぺんに見てみようと思いました。


CUBEという映画で、三部作あるシリーズ物なんですが。

初回作が有名だったからか、正式な続編以外にも、もともとはCUBEなんてタイトルじゃないのに、

邦題をつけるにあたって、CUBEの名を付けられたパチ物タイトルが大勢あるんですね。

いったい何作品あるのかわかりませんが、この際、正式タイトル以外にも、

CUBEの名のつく映画はあるだけ見てみようと思います。

とりあえず時間のかかるちゃれんじのようです。
 
映画CM:0
ホーム全記事一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.