FC2ブログ

sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

失敗を経験値に変えられるか

2014/05/25(日) 23:26:51

 
失敗をすることは誰にでもある。人間だもの。そこは新入社員でもベテランでも同じ。年をとって色々と経験が増すと、

仕事の精度や判断力が上がり失敗しにくくなるものだが、若いうちは仕事もおっかなびっくりやるものだ。

自分の様なすでに9年目に突入してるくらいなら、まぁ初心者がやるようなミスしてたらうるさく言われるだろうが、

誰だって大なり小なり失敗をすることもあるだろう。そこで仮に若い社員が大きなミスを犯してしまった場合に、

会社の損失はもちろん大事だが、若手社員はこれから(辞めなければ)長く会社に貢献するわけだし、その為にも、

失敗した本人に対するダメージケアやアフターフォローも重要ではないだろうか。

「なんだか大変なことになってしまった」と失敗した本人が自覚し、同じ轍は踏まないようにしようと思えば気持ちの上では

それで終了である。だが本人の気持ちを他人が理解することは難しい。とにかく言いたい事があるものだから、上から

説教の絨毯爆撃が繰り出された場合、自分が失敗して事を起こしてしまったことは自覚しているのに、さらにそれに対して

追い討ちがかけられる。そこに反論の余地はなく、相手(上司)が満足するまで説教を聞き続けるほかに手は無い。

ヒートアップした説教はまれに論点がずれ、それって俺のせいじゃなくね?みたいな内容まで説教されることもある。

反論が出来ないのだから言われるがままである。それでは大きな溝ができるだけで、教育にも指導にもならないのでは?

などと考えているが、まだ未熟な自分には、教育と説教の境界線がよくわからない。やっちまったことは仕方ないと

言うだけだと甘やかしてることになるかもしれないけど、反省の色を見せているのに追い打ちをかける必要もないと思う。

そういう線引って難しいなぁと思う。自分は将来信頼される上司になれるかどうかは、まだまだ分からないなぁ・・・
 
真面目な話CM:3
ホーム全記事一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.