FC2ブログ

sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

いざ考えると難しいもんだ

2006/05/30(火) 20:22:40

昨日のような今日が終わり、今日のような明日が始まる。

なんてことない日常が一番の幸せだとは言うけれど、

それは非日常や変わったことがあった時にそう思うのであって、

常に日常を暮らし続けている自分には、日常が幸せだという思いも飽和状態で、

日常が幸せと言われてもピンとこなかったりする。


ご飯と同じですよ?


たまーに美味しいものを食べるから「うまい!」と感じるのであって、

どんなに美味しい料理でも、いつも食べてたら飽きたり、美味しいと思わなくなると思います。


だからって非日常に見舞われたら、きっと対応できずに終わるんだろうなw


そんな自分は今までと変わらぬ日常に飽き飽きしながらも、今日を終えるのでした。
真面目な話TB:0CM:4
<< BOLTの新しい事情ホーム全記事一覧叫び過ぎ! >>

コメント
トンファンは静かに暮らしたい
何が嫌って学校へ行く為都会(地元より)へ行かなければならないのが何より辛い。わしゃ地元で静かに暮らしたいんじゃよー!
まぁ、だから非日常のプロレスにはまっちゃうんですな。あれはイイ...想像を絶するな、うん。

そうそう、プロレスといえば熊本県民テレビの「GARA-PON」 5/30、6/6 ON AIR 24:50~ に全日本プロレスの武藤敬司が出るそうですよ。是非みt(ry
以上、宣伝ばかりのトンファンでした。
トンファン #-|2006/05/30(火) 21:02 [ 編集 ]
イレギュラーは自ら生み出す!
そう…それが一日におけるパターン化って奴ですよ。

私はその対策として、突発的な意欲をかきたたせる為の
『ご無沙汰ストック』を大量に積んでいます。
(悪く言うなら積みゲーですが^^;)

昨今、私がやり込んでいる『アインハンダー』も、
その一環だったりします。
SRC@携帯 #POQ5NLzM|2006/05/31(水) 10:12 [ 編集 ]
一日って早いです。
幸せと思う日は早く時間が過ぎて、
特に何も無い日は長く感じるりんくるです。

日常が幸せって気づかない。
わかりますね!
わたしもボーっと過ごしている日常に飽き飽きしていますw
でも寝ちゃうんですよね。幸せだなぁw

sprinkle #-|2006/05/31(水) 16:04 [ 編集 ]

トンファンさん、しかし爪が伸びるのを抑えられる人間はいない・・・・・

そうですね、でも、そうやって都会に出て行くと、きっと新しい出会いがありますよ。
でも方言が混ざったりするのはイヤかも知れないなぁ・・・・キレイな熊本弁のままでいたいです。
 プロレス・・・・六月六日は平日ですね、その時間帯まで起きていられる体力が残っていれば見ようと思います。念のために五日あたりにもう一回連絡してくれると嬉しいカモ。

SRCさん、ふぅむ、自分も一日二回など更新するには、ネタの書き溜めでもしといたほうがいいのでしょうか。確かに行き当たりばったりでネタを考えるのも時間が掛かりますからね。
いや、ギルティギアに関しては色々とネタもあるのですが、いかんせん一人よがりのレビューになるからなぁ・・・・

りんくるさん、そうですよね、同じ二十四時間のはずなのに、自分の一時の感情しだいで、進む感覚が違うってのは凄いですよね。

ゆずの歌にこんな歌詞がありましたね。
「いくら背伸びをしてみても、相変わらず地球はじっくり廻ってる。」
まったくその通りですね。

しかし、時間というものはその一瞬を過ぎると、もう二度と戻ってきません。
「時間の一期一会」を考えると、夜眠る時間ももったいなくなります。
でも寝ちゃうんですよね、コレがw
BOLT #/DdtB1XA|2006/05/31(水) 18:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sighhigh.blog47.fc2.com/tb.php/127-5d858b2f

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.