FC2ブログ

sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

なにBOLT?バイクの燃費が悪い?それは皆のバイクの性能と燃費を無理やり合わせて比較しようとするからだよ。逆に考えるだ。自分のだけ燃費が悪いということは、それだけ強力な性能を誇っていると考えるんだ。ガンダムでいうケンプファーやイフリートみたいなものだと考えるんだ。

2007/11/09(金) 00:33:11


タイトルに書いたのはガソリンの燃費のことですけど、

自分のバイクはバッテリーの消費も異常に早いです。

多分イモビライザーに常時電力を供給しているためだと思うのですが、

一週間も放置していると、かなりの高確率でバッテリーがあがっています。

おかげで週末はかならず乗り回してやらねばならないのですが、

これがいいことなのか面倒なことなのか、それはまた、別のお話。

日々記TB:0CM:5
<< (´・ω・`)ホーム全記事一覧ひろがってる! >>

コメント

携帯でみるともはや気が狂っとるとか言いたくなるタイトルの長さだな
えふぇめら #-|2007/11/09(金) 02:20 [ 編集 ]
まさにジョジョ的
>逆に考えるだ
『なっ、何をするだァーッ!!?ゆ、許せんッッ!』に通じるものがある…。

そんな事はさておき、BOLTさんのバイクはどのくらい走るの?

(バイクの燃費のスタンダードがわからないんで燃費が良いって有名なスーパーカブを調べたら、実測でもリッター50km以上走るって知って驚きましたよ。)
トンファン #-|2007/11/09(金) 17:41 [ 編集 ]
・・・じじいになると
週末にバイクに火を入れる事すら、億劫になるわけで・・・。(寒いのよ)
おかげで一冬越す頃には、バッテリーどころかキャブレターもイカレて、修理代でえらい額を吹っかけられて、気絶しそうになる訳で・・・・。
まぁ、そんな訳で、走らせなくても、まめにエンジンかけて、キャブレターを守ろう。
あと、バッテリーあがり防ぐ為に、ユアサのシールバッテリー充電器を買っとくと良いよ。
あぁ、そこいらのホームセンターで売ってるような、開放式とシール式共用の充電器だと、バイク用のシールバッテリーは、100%壊れるから、絶対にユアサの専用充電器を使ってね。

・・・私は、・・キャブレター交換かなぁ・・・高いなぁ・・・やだなぁ・・・
ラインハルト #-|2007/11/09(金) 21:35 [ 編集 ]

 僕のバイクもリッター50なんですよ。
(スーパーカブ並ッ)

 バッテリーは乗らないときはターミナルを外しておけばかなり長持ちしますよ。
 めんどくさいならキルスイッチを製作することをお勧めします。

  ああ・・・そうそう・・例の件・・・頼みましたぞ!!
rakko #-|2007/11/10(土) 12:27 [ 編集 ]

えふぇめら、ま、一時の気の迷いといいますかね。

トンファンさん、大人はうそつきではないのです。間違いをするだけなのです・・・・

400CCは大体20前後ってとこなんじゃないですかね。
自分の場合は、周りが25とか走るくせに、自分だけ
せいぜい17とかなんで、結構悲しいです。


ラインさん、週末しか乗る機会がないわけで、
それで週末乗らなかったら。二週間放置が確定するので、
そんなことばっかりやってると、確かにキャブとかも
やられそうですね。そういや先週も火点けてないっす。
お金はかけたくないし・・・エンジンかけるかな。


RAKKOさん、ええなあ、燃費がいいバイクってあこがれるぜ。

ターミナルはずすといいましても、流石にいちいち
シートはずしてバッテリー出してターミナルはずすとか
面倒です。
まぁバッテリーあがったら元も子もないんですけど。

例の件ですか・・・どうなることやら・・・
BOLT #-|2007/11/13(火) 00:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sighhigh.blog47.fc2.com/tb.php/463-4d935251

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.