FC2ブログ

sigh/high

幸せになりたいけど頑張りたくない

プロフィール

BOLT

Author:BOLT

永遠の19才
だったらいいな。

目標は不労所得で
悠々自適の生活。

相川有信者で
きゆづきさとこ信者

・マイPCのメアド
omubtcez123☆yahoo.co.jp
☆を@にして下さいね。

生きてるだけで丸儲け

最近の記事

最近のコメント

民謡はオカルト

2008/06/07(土) 01:38:50

あんたがたどこさ 

肥後さ 

肥後どこさ 

熊本さ

熊本どこさ 

船場さ

船場山にはたぬきがおってさ

それを猟師が鉄砲で撃ってさ

煮てさ

焼いてさ

食ってさ

 




ここまでは大抵どこも同じ歌詞だとは思いますが。

この次、最後の一節は


1、それを木の葉でちょいとかぶせ

2、うまさの(が)さっさ


の二つが伝えられていますね。

熊本以外のほとんどの地域では1らしいですが、熊本に住んでる自分は

2しか思い浮かびませんね。wikiにもあるように、熊本ではほとんどの地域で

2(うまさのさっさ)で伝わってると思います。


んで、タイトルのオカルト部分ですが、歌詞が戊辰戦争のことを表してるというのを聞きましたが、そこら辺は熊本人にもあまり知られてはいないみたいです。

たぬきを薩軍、猟師を官軍になぞらえているらしいのですが、人間を表しているとなると、

後半の「煮てさ 焼いてさ 食ってさ」の部分がかなり気持ち悪いことに・・・


煮て焼いて食うまでは同じなのに、最後が「うまかったぞ」「木の葉で隠蔽工作しました」

に分かれているのも気になります。なぜ熊本全域と、その他地域でこうも極端に伝わり方が分かれているのか、その辺にはちょっとした秘密でもあるのではと思ってしまいますね。


ちなみにこの歌には二番もありまして、二番は熊本城下の川で漁師がエビとって煮て焼いて食うという歌詞なんですよ。

この二番も、色々とオカルトでスプラッタな解釈があるらしいですね・・・・

 
熊本さん弁講座CM:0
<< 今日って土曜日じゃん?ホーム全記事一覧魂浄化中 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006 sigh/high All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.